FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018ロシアW杯ハリルホジッチ日本代表監督解任の責任の所在、それで日本サッカーは果たして、本当に世界基準のサッカーに成長できるのか?本当に日本サッカーは正しい方向へ進めるのか?

2018ロシアW杯ハリルホジッチ日本代表監督解任の責任の所在、それで日本サッカーは果たして、本当に世界基準のサッカーに成長できるのか?本当に日本サッカーは正しい方向へ進めるのか?

断言するが、ハリルホジッチ日本代表監督は解任する必要は無かった

ロシアW杯がまだなので結果論ではなく予測論であるが、日本サッカーは、ハリルホジッチのサッカーを、今後の日本サッカーの礎、

血肉、エッセンス、スキルに活かすべきだった

そもそも、今回のハリルホジッチ解任のの責任の所在は、JFAトップにある

解任の決断を下したのは、JFAトップであるから、ロシアW杯で、西野日本代表が惨敗した時は、その責任を取るべきである

万が一、奇跡的に西野日本代表がグループリーグを突破しても、総括はなされるべきである

だが、今回のハリルホジッチ解任問題でひとつの疑念がある

それで日本サッカーは果たして、本当に世界基準のサッカーに成長できるのか?本当に日本サッカーは正しい方向へ進めるの

か?という問いである

その答えはNOであろう

そもそも、ハリルホジッチを日本代表監督に招聘した理由は何だったのか?

世界基準を知り、W杯で実績があり、日本サッカーのウィークポイントとされてきた球際の激しさ、デュエルを植え付けられる

と判断して呼び寄せたのではなかったか?

更に、そもそもとして、日本サッカーのユルい、ヌルいJリーグのサッカーと環境こそが、世界基準のサッカーとは乖離している

現実が、JFAには視えていないのだろうか?

JFAトップ曰く、育成日本の復活、ふざけるな、そういう讒言は口にすべきではない

繰り返すが、久保テケフサもピピ中井も、日本サッカーが育成していない

彼らの成長を促したのは、スペインのバルセロナとレアルである

そもそも、日本のユース選手のJリーグでの伸び悩み、世界レベルで戦えないひ弱さにこそ、注視すべきである

繰り返すが、世界基準を謳う前に、日本サッカー鎖国リーグ、Jリーグこそ、そのユルいヌルい環境、つまりは外国人枠を

撤廃すべきである

それで、レギュラーを掴めない日本人選手が、世界で戦えるハズもない

個人的には、JFAトップは、ハリルホジッチ解任の責任を取って、ロシアWにおける西野日本代表の結果如何に関わらず

ロシアW杯後に、その職を去るべきである

ソレが、サムライブルーのトップ、日本人としての侍の責任の取り方である



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

soundwalker1971

Author:soundwalker1971






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ひきこもりを侮るな!

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

龍の国

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

風しょうしょう

防災意識リマインダー。

freecartoonist

闇の魔術に対する...
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。