FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018ロシアW杯、ハリルホジッチ解任によって形成される西野日本代表3-4-2-1は、もしかしたら2002年日韓W杯と2010年南アW杯の再現、もしくは集大成もしくは感性形となるかもしれない、現在の日本サッカーの・・・

2018ロシアW杯、ハリルホジッチ解任によって形成される西野日本代表3-4-2-1は、もしかしたら2002年日韓W杯と2010年南アW杯の再現、もしくは集大成もしくは感性形となるかもしれない、現在の日本サッカーの・・・

話は飛ぶが、日本は、日本人は、これまで加工立国として、その成長を遂げてきた

つまりは、そこにあるものにアレンジする能力であり技術である

個人的には、2018ロシアW杯、ハリルホジッチ解任によって形成される西野日本代表3-4-2-1は、もしかしたら2002年日韓W杯と2010年南アW杯の再現、もしくは集大成もしくは感性形となるかもしれない、と視ている

個人的には、日韓の時のフラット3より、南アのアンカーを据えたスタイルより、今、日本サッカーが世界と対峙する上での最適なスタイルは、もしかしたら3-4-2-1かもしれないと視ている

もし、それがハマったら、西野日本代表はグループリーグを突破し、運が良く勢いに乗ればベスト8にまでは辿り着けるかもしれないと楽観視している

一体感を持って臨んだ、日韓W杯、一体感のなかったように見えたドイツW杯、一体感のあった南アW杯、一体感はあったように見えたが撃沈したブラジルW杯・・・

個人的には、日本代表W杯の法則により、今回のロシアW杯は、日韓、その次の南アW杯、その次の今回のロシアW杯と見事にグループリーグを突破すると視ている
スポンサーサイト

2018ロシアW杯西野日本代表のグループリーグ勝敗予想とバルセロナのヴィッセル神戸加入

2018ロシアW杯西野日本代表のグループリーグ勝敗予想とバルセロナのヴィッセル神戸加入についてであるが

前者においては、運が良ければ予選突破、運が悪ければ実力通り予選敗退であると見立てるが、個偉人的には

むしろ、後者のバルセロナのイニエスタのヴィッセル神戸加入である

これは、かつてのジーコ以上の、エムボマ以上の、ドゥンガ以上の、ボドルスキ以上の、リネカー以上の、つまりは

それら以上のJリーグおける革命的なビッグネームの移籍である

個人的には、かつてよりJリーグの外国人枠の撤廃失くしてJリーグのレベルアップと日本代表の強化はあり得ないと

見立てていたので、イニエスタがJリーグに来ることによって、最早、世界のトレンドからは鎖国化した、この国のリーグの

解放改革がなされることは、ポジティブに捉えている

そもそも、国内リーグのJリーグの規制緩和によって、それまでの日本人選手が保護されなくなることは必然的に

日本人選手のレベルアップ底上げになる

つまりは、そのような外国人枠撤廃によって国内のJリーグでレギュラーを晴れない選手が、そもそも

外剛人選手に個力で勝てるわけもなく、国際舞台のW杯で勝てるわけもない

かつて、ジーコによって鹿島アントラーズが常勝チームになったように、もしかしたらイニエスタによってヴィッセル神戸が

常勝チームとなり、世界的ななるかもしれない、バルセロナのように・・・

それこそ、イニエスタの加入はヴィッセル神戸に新たなプラスアルファをもたらすだろうし、それだけではなく

イニエスタのプレーをライブで目の当たりにする、幼少世代、学生でサッカーをしている選手たちにとって

新たなインパクトをもたらすのは間違いない

つまりは、かつてのワールドクラスのジーコやジダンたちのレベルを目の当たりにできるのである

断言するが、今回のイニエスタのJリーグ参戦によって、日本サッカーには、かつての黄金世代以上のスーパー世代が

誕生すると予見する、それこそ、久保タケフサやピピ中井たちレベルに匹敵する、国内でのスーパーな世代が誕生する

その世代が結実するのは、2022年カタールW杯の先の2026年か、つぎの2030年W杯頃になると見立てる

個人的な見立てでは、2022年カタールW杯で日本代表はベスト8、次の2026年W杯か2030年W杯でベスト4に辿り着けると

見立てる

個人的には、鎖国化されたJリーグを見る気はなかったが、イニエスタ加入によって、ヴィッセル神戸戦は見たいと思う

時計の針を巻き戻すな、2018ロシアW杯西野日本代表に、何故、日本のメッシもしくはモハメド・サラーととなれる柏レイソルの伊東は選ばれなかったのか?

時計の針を巻き戻すな、2018ロシアW杯西野日本代表に、何故、日本のメッシもしくはモハメド・サラーととなれる柏レイソルの伊東は選ばれなかったのか?

個人的には、ポルトガルのナカジマと柏レイソルの伊東は、今からでも西野日本代表に入れるべきだと見立てる

かつて、ブラジルW杯で惨敗したホンダは、個のレベルアップを唱えたが残念ながら、ビッグ3のいずれも、世界レベルで個のレベ

ルアップは図れなかった

ホンダは、斜陽のセリエAから都落ちし何とかメキシコで面目を保った程度で、カガワはドルトムント止まり、オカザキはプレミアで

それほど個のレベルアップしたとは言えず、ナガトモはトルコに都落ちした

勿論、彼らにはW杯での経験はあるが、それは勝者の経験ではなく敗者の経験である

ならば、それよりも、むしろナカジマや伊東のような若くて勢いのある選手を日本代表に入れるべきではないだろうか

血の入れ替えの意味でも・・・

断言するがロシアW杯は、ホンダの為のモノでもなく誰のためのモノでもない

相応しい選手が選ばれるモノであり、それは全ての日本サッカーを愛する者たちが心から応援するモノである                 




2018ロシアW杯西野日本代表躍進のカギはハセベのポジションと使い方

2018ロシアW杯西野日本代表躍進のカギはハセベのポジションと使い方だと見立てる

つまりは、西野日本代表監督がハセベをボランチとして起用するのか、3バックの中央のリベロで起用するのかである

例えば、以下の布陣であるが、個人的に希望するロシアW杯日本代表を選んでみた

3-5-2
     ムトウ、ホンダ    オオサコ、オカザキ、ドウアン

イヌイ、ウサミ   カガワ、ナカジマ  ハラグチ、伊東

    青山、イデグチ       スズキ、シバサキ

槙野、ナガトモ   ハセベ      ヨシダ、サカイ

            東口

3-4-2-1
       ムトウ、オオサコ、オカザキ

   イヌイ、ナカジマ    カガワ、ホンダ

ハラグチ、ウサミ               伊東、ドウアン    

     青山、イデグチ       スズキ、シバサキ

槙野、ナガトモ   ハセベ      ヨシダ、サカイ

            東口 

4-4-2
        ムトウ、ウサミ      オオサコ、オカザキ、ドウアン

イヌイ、ナカジマ                    カガワ、ホンダ、伊東

        ハセベ、青山       イデグチ、シバサキ

ナガトモ   スズキ、槙野       ヨシダ       サカイ、ハラグチ

                 東口  

2018ロシアW杯ハリルホジッチ日本代表監督解任による西野日本代表は日本サッカーの停滞、退化に繋がる

2018ロシアW杯ハリルホジッチ日本代表監督解任による西野日本代表は日本サッカーの停滞、退化に繋がると、個人的には見立てる

西野日本代表監督がロシア杯を闘う上でのコンセプトはポリバレントらしい

個人的には、海外で個のレベルを発揮したナカジマやドウアン、そしてJリーグで圧倒的な個のレベルにある伊東が選ばれなかった

のが残念である

そもそもとして、今更だが、ハリルホジッチの後任に西野日本代表監督と言うのが、どうしても納得いかない

そもそも、監督業の最前線のトレンドからは離れていた人物である

世界的名将の、ハインケスのようなレベルであれば納得するが、せいぜいJリーグで結果を出しただけの監督でありW杯での実績

はゼロである、このような人物に土台、緊急事態とは言え日本代表監督を任せること自体がおかしい

西野日本代表監督が選んだメンバーで、W杯レベルで個力があるのは現時点では、オオサコ、オカザキ、ムトウ、ハラグチ、イヌイ

カガワ、サカイ、ヨシダ、多少レベルダウンするがホンダ、ナガトモ、槙野、ゴートク、アサノだろう

勿論、ポリバレントかつてのユーティリティーは必要であるが、むしろ個人的には一芸に秀でる武器のある個力のある選手こそ、

今現在そして今後の日本代表が世界舞台で勝つには必要不可欠なエッセンスでありスキルであると見立てる

ポリバレントつまりは複数のポジションを器用にこなす選手の寄せ集めでは、世界舞台では戦え無し勝ち抜けない

個人的には、両翼にナカジマと伊東そして中央にイヌイの日本代表が観たかった

例えば、以下の布陣である

          ムトウ、ホンダ   オオサコ、オカザキ

ナカジマ、ハラグチ   イヌイ、カガワ             伊東、アサノ

    シオタニ、中山雄        イデグチ、山口

槙野、植田        ヨシダ、昌子     スズキ、サカイ

                  林 

2018ロシアW杯西野日本代表19名確定報道と世界のサッカーから取り残され始めたガラパゴス化した日本サッカーのJリーグ

2018ロシアW杯西野日本代表19名確定報道と世界のサッカーから取り残され始めたガラパゴス化した日本サッカーのJリーグ

2018ロシアW杯西野日本代表19名確定報道がなされた

GK2名を加えれば、残り枠は2名である

その2枠が、海外組のスペインの鈴木かベルギーのモリオカか、国内組の槙野か今野かは分からないが

個人的には、明らかにFW過多だと思う

むしろ、MF枠、特に守備力の人材難であるし、SBでゴートクよりも、むしろ槙野が選ばれているべきである

西野日本代表監督の人選により、何となく戦い方がイメージされるが、何となくジーコ日本代表の二の舞、

ザック日本代表の三の舞になるかなと現状では危惧している

これ以上、2枠の選手を攻撃的な選手に選ぶことはないと思うが

ボランチもしくはDFの人材を選ばない時は、西野日本代表はW杯で間違いなく苦戦する

2018ロシアW杯西野日本代表23名

3-2-4-1
           ムトウ、オオサコ、オカザキ

イヌイ、ウサミ カガワ、ナカジマ ホンダ、シバサキ ハラグチ、伊東

     中山雄、モリオカ  イデグチ、今野

スズキ、槙野    ハセベ、今野   ヨシダ、サカイ

            林、中村、カワシマ

3-5-2
        ムトウ、ホンダ  オオサコ、オカザキ

イヌイ、ウサミ   カガワ、ナカジマ   ハラグチ、伊東

     中山雄、モリオカ  イデグチ、シバサキ、今野

スズキ、槙野    ハセベ、今野   ヨシダ、サカイ

            林、中村、カワシマ    

4-4-2
           ムトウ、ホンダ  オオサコ、オカザキ 

イヌイ、ウサミ カガワ、ナカジマ  モリオカ、シバサキ ハラグチ、伊東

         中山雄、モリオカ  イデグチ、今野

中山雄、槙野  スズキ、槙野    ヨシダ、中山雄   サカイ、ハセベ

            林、中村、カワシマ       

2018ロシアW杯西野日本代表35名予備登録

2018ロシアW杯西野日本代表

3-2-4-1
      オオサコ、オカザキ、ホンダ、クボ、金崎

イヌイ、ウサミ  カガワ、モリオカ   ナカジマ、シバサキ  ハラグチ、伊東
ナガトモ、山中 遠藤ケイタ、中村憲 ドウアン、 久保タケ  イトウ

  中山雄、今野、コバヤシ  イデグチ、青山、山口、昌子

スズキ、槙野  ハセベ、今野  ヨシダ、サカイ

         カワシマ、林、中村

2018ロシアW杯西野日本代表は、3-5-2もしくは3-4-2-1の可変システム、キーマンはハセベ

2018ロシアW杯西野日本代表は、3-5-2もしくは3-4-2-1の可変システム、キーマンはハセベ

ロシアW杯本戦まで残された時間は限られている

そもそも、西野監督がコーチに森保を起用した時点で、すでに3-5-2もしくは3-6-1の広島スタイルを

日本代表に導入するのは予測された

個人的には、W杯における対戦国相手との力関係から、3-5-2よりも3-6-1つまりは

1トップ2シャドーが基本布陣になると視ている

3-6-1
          オオサコ、クボ、オカザキ

     イヌイ、ナカジマ     カガワ、ホンダ

ナガトモ、ハラグチ             サカイ、伊東

     今野、山口         イデグチ、山口

 槙野、スズキ   ハセベ、今野   ヨシダ、昌子

         カワシマ、ニシカワ、中村

個人的には、ウサミ、シバサキ、モリオカ、スズキなどの当落線上の選手がどうなるか、である

個人的には、意外とスペイン2部のスズキがサプライズ招集される予感はある

やはり、ハセベの前のダブルボランチには、攻撃力よりも守備力のある選手を据えると思う

ただ、西野監督がホンダでもなくカガワでもなく、ハセベと会長同席で三者面談したように

キーマンはハセベである

だから、万が一怪我などでハセベが居ない時の選手が必要になると思うが、その為に今野が起用されると思う

あと、両ウイングバックは左にナガトモ、右にサカイだと思うが、突破力のあるウイング起用も面白いと思う

例えば、柏の伊東である

守備力のあるサイドバックよりも攻撃力のあるウイングをウイングバックに据えることで、十分に相手を

押し込む時間が増えるはずである

ハリルホジッチ解任の経緯、真相を西野監督は十分理解しているはずだと思うが

それでも、かつてアトランタオリンピックで自身に反抗した中田ヒデに厳罰を下したように

ホンダやカガワでさえもコンディション不良や反抗すれば、最終メンバーには選ばないと視ている

ハリルホジッチ解任によりロシアW杯で日本代表は3連敗濃厚と予想されるが

個人的には、西野日本代表には一丸となり、ベストを尽くして、期待薄の予想を覆して欲しい

ちなみに、過去五大会の日本代表のW杯の法則から見れば、2018年ロシアW杯で日本代表は

グループリーグを突破するはずである



2018ロシアW杯ハリルホジッチ日本代表監督解任による日本サッカーのファン離れ、コア層の信頼低下の回復には、JFAの総退陣によるキングカズもしくはゴン中山のJFAトップ就任しかない

2018ロシアW杯ハリルホジッチ日本代表監督解任による日本サッカーのファン離れ、コア層の信頼低下の回復には、JFAの総退陣によるキングカズもしくはゴン中山のJFAトップ就任しかない

もう、JFAトップの解任しかない
プロフィール

soundwalker1971

Author:soundwalker1971






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ひきこもりを侮るな!

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

龍の国

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

風しょうしょう

防災意識リマインダー。

freecartoonist

闇の魔術に対する...
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。