スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年ドイツWCジーコ日本代表惨敗の悪夢を振り払う時、そしてアジアの戦いから世界との戦いへシフトせよ

2006年ドイツWCジーコ日本代表惨敗の悪夢を振り払う時、そしてアジアの戦いから世界との戦いへシフトせよ

ついにアジアカップの決勝の舞台へとザック日本代表が辿り着いた
今更だが、アジアにはアジアの厳しい戦いがあるのはアジアカップで証明された
そして、アジアには豪州が加入した事で、アジアカップの戦いの中で、必然的に世界レベルとの戦いを体感出来る
これはアジアにおいては貴重な経験の場であると、アジアの代表チームは豪州に感謝すべきでると視ている

話は遡るが、今尚、2006年ドイツWCでヒディンク率いた豪州代表に逆転負けを喫したジーコ日本代表の惨敗の悪夢が頭の片隅を過ぎる

そう、我々は逆転負けを喫した日本代表にショックを受けたが、やはり次戦そして最終戦とチームが一体感を醸し出せず、空中分解し、戦う集団になり切れなかった日本代表に幻滅したのだと思う
それは、中田ヒデ一個人が悪で、それ以外の選手たちが善であったなどと単純に善悪二元論で割り切れる問題ではなかった
また、その逆もまた真なり・・・

だが、グループリーグ最終戦のブラジル代表との戦いの後、中田ヒデがピッチに仰向けになった後、日本代表の多くのチームメイトが中田ヒデに近寄らなかった情景に、私は、日本代表がチームとして崩壊していたことを確信し、愕然とした
そして、敵であったブラジル代表の選手が中田ヒデに労いの言葉を投げかけていたシーンに、何故だか涙が溢れ出た

そう、日本代表は、あのドイツWCの過ちを未来永劫、二度と繰り返してはいけないと思う
チームに一体感がなければ、どんな強豪国も優勝候補もWCの舞台では勝ち抜けないことは南アWCを始め、過去のWCの歴史が証明している

そして、WCの借りはWCの舞台でしか返せないが、ソロソロ豪州代表には日本代表の地力を魅せつける時ではないかと視ている

2006年ドイツWC当時、ヒディンクが率いていた豪州代表は全盛期、ピークにあったと視ている
その後は、指揮官の変遷があり現在は、かつて浦和レッズを率いたオジェックが率いている
敵を見くびるつもりはないが、オジェック率いるピークを過ぎた豪州代表とイタリアの名将ザッケローニが率いる伸び盛りの日本代表、いずれに勝機が多いだろうか
私見だが、フラットな視点でも後者だと視ている

日本サッカーは、日本代表は悲劇の地ドーハを喜劇の地に塗り替えたように、ソロソロ2006年ドイツWCジーコ日本代表惨敗の悪夢を振り払う時ではないかと視ている

舞台は整った
決戦は明日深夜である
相手にとって不足なし・・・

アジアカップ決勝、ザック日本代表には、アジアの戦いから世界との戦いへシフトすることが求められる
そして、ザッケローニの手腕、日本代表の成長と進化が試される戦になる
予想は2-1でザック日本代表の勝利と視ている


スポンサーサイト

サッカーは代理戦争か!?ザック日本代表・アジアカップ制覇への最終決戦の前に・・・、アジアにおける日韓併合の歴史の認識の差が、日韓両代表の勝者と敗者を分ける

サッカーは代理戦争か!?ザック日本代表・アジアカップ制覇への最終決戦の前に・・・、アジアにおける日韓併合の歴史の認識の差が、日韓両代表の勝者と敗者を分ける


現代において、サッカーは代理戦争と言われる
今夜のアジアカップ準決勝、韓国対日本戦が戦いを前にヒートアップしている
皆さんは、何故、日韓戦が盛り上がるか理解しているだろうか、認識しているだろうか
何故、韓国代表の選手は、こと日本代表戦に限っては、敵意剥き出しで挑んで来るのか
何故、日本代表に勝利したら、あれほど喜びを爆発させるのか

今現在の日本の歴史教育が、どのようなものかは分かりかねるが、歴史を知らないのは無知に等しいと言えるだろう
ましてや、歴史を歪曲して教えるのは亡国・売国に等しい

韓国併合の歴史をご存じだろうか

サッカー選手、日本代表と言えども、その前に一人の日本人であるはずである
サッカーにおける日韓対決の盛り上がりの裏には、日韓併合の歴史が影響していることを認識している日本代表選手が、どれだけいることだろう、そしていたことだろうか・・・

良くサッカーにおいては、相手をリスペクトすることが大切と言われる
では、相手をリスペクトするとはどういうことだろうか
それは、相手、他者、他国の歴史や文化の成り立ちを正しく理解し、認識すると事ではないだろうか
それなしに、相手をリスペクトすることなど妄言に等しいだろう

韓国代表の強靭な精神力、日本代表に対する敵意剥き出しの闘争心、それは日韓併合の歴史に裏打ちされたモノであるのは紛れのない事実である
そうであるならば、日本代表選手に求められるのは、日韓併合の歴史を正しく認識した上でリスペクトの精神で正々堂々と戦いに挑むのが、在るべき姿勢だと思う

Jリーグ誕生以前、日本サッカーは韓国サッカーにコテンパンに叩きのめされていた
Jリーグ誕生後、日本サッカーは、時には韓国サッカーに一矢報いる戦いに持ち込めるようになった
日韓両代表がWCに出場するようになり、両者は互角と観られるようになった
だが、個人的には、総合力で、日本は韓国には及ばないと視ている
その総合力を具体的に三つ言えば、テクニック、フィジカル、メンタルであるが、最後のメンタルの部分で、まだまだ韓国代表には及ばないと視ている
日本サッカーのJリーグではメンタルが磨かれようがないので、欧州でホンダ、カガワ、ハセベ、ナガトモ・・・etcたちがメンタルに磨きをかけているが、今後も日本人選手が欧州に挑戦し続けることで日本人選手のメンタルは強化されてゆくと視ている
何しろ、日本サッカーの名誉会長がJリーグは草刈り場になっていい、と太鼓判を押しているのだから、若手選手で燻っている日本人選手は日本サッカーのJリーグだけに囚われずに、もっともっと海外・欧州リーグにチャレンジすべきだと思う

今夜の日韓戦、やはり最後の最後に勝負を分けるのはメンタル、精神力、どれだけ勝ちたいかと願う気持ちが強いかに懸っていると言っても過言ではないだろう

~ザック日本代表・アジアカップ制覇への最終決戦~ザッケローニ秘伝3-4-3の伝家の宝刀は抜かれ輝きを放つか!?敵は本能寺ではなく、韓国代表でもなく己自身に在り!!

~ザック日本代表・アジアカップ制覇への最終決戦~ザッケローニ秘伝3-4-3の伝家の宝刀は抜かれ輝きを放つか!?敵は本能寺ではなく、韓国代表でもなく己自身に在り!!

アジアカップがフィナーレに向けて盛り上がって来ました
このような劇的な展開のストーリーは、売れっ子脚本家でも中々構成出来ません
まさに、サッカーというスポーツのドラマ性・醍醐味が凝縮・濃縮されたアジアならではのアジアカップであります

さて、既にベスト4、四強が出揃いました
予想は、ウズベキスタン、豪州、日本そしてイランでしたが、結果はイランではなく韓国でした
やはり、韓国が来ました

繰り返しますが、個人的な希望を言えば現在の韓国代表との準決勝での激突は避けたかった、と言うのが正直な感想です
アジアカップで、進化・成長を遂げるザック日本代表にとって、最大にして最強の強敵とは決勝戦で対決したかった、否、対決しなければならなかったと視ています

アジアカップで目覚ましい進化・成長をザック日本代表ですが、今現在の日本代表と韓国代表の力関係は比率では、4:6もしくは4.5:5.5ぐらいの力関係・パワーバランスにあると視ています
ですから、今現在のザック日本代表では分が悪いのです
勿論、ザック日本代表の勝利を願い信じてはいますが・・・
その為には、ザック品代表の修正、マイナーチェンジが必要です

ソコで、注目しているのが、ザックの手腕です
どのように修正して、韓国戦に挑むのか
それとも、メンバーや布陣をイジラズに現行のスタイルで戦うのか
とても、興味があり注視しているポイントです

基本の4-2-3-1は

             前田

カガワ         ホンダ          岡崎

        遠藤        ハセベ

ナガトモ   ヨシダ       今野     ウチダ

             カワシマ 


の上記でありますが、 やはり対韓国代表にはマイナーチェンジが必要であると視ています
マイナーチェンジには布陣の変更もしくはダブルボランチの組み換え・入れ替えが必要であると視ています
そして、CBとGKの先発が誰になるのか・・・です

既にザックはGKをカワシマから西川に変更するコメントで示唆しています
そのGKの入れ替えが対韓国戦で吉と出るのか、凶と出るのかは結果が出るまで誰にも分かりません、まさに神のみぞ知るところですが、西川の先発でも問題ないかとは視ています

そして、ヨシダマヤの出場停止により、誰がCBの先発を果たすのか、やはり対韓国戦では注目すべきポイントでしょう
やはり、岩政でしょうか
岩政を起用するのであれば対韓国戦限定で、伊野波をCBにスライドさせ岩政ー伊野波ーウチダの旧鹿島ディフェンスラインで急場を凌ぐのもアリとは視ています
そして、今野を一つ前目のアンカーに据える
また、確かに、岩政も悪くはありませんが、個人的には永田の方が対韓国戦に限っては有効なのではないかと視ています
永田と伊野波のCBで今野をアンカーに据えるのもアリかとは視ています

マイナーチェンジ・ヴァージョン①

             前田

カガワ         ホンダ          岡崎

        遠藤        ハセベ

ナガトモ   岩政        伊野波    チダ

              西川 

マイナーチェンジ・ヴァージョン②
      
             ホンダ

カガワ                      岡崎

        遠藤        ハセベ

             今野 

ナガトモ   岩政        伊野波    チダ

              西川

マイナーチェンジ・ヴァージョン③

             前田    

カガワ                      岡崎

       ホンダ        ハセベ

             今野 

ナガトモ   岩政        伊野波    ウチダ

              西川

マイナーチェンジ・ヴァージョン④

             岡崎    

カガワ                      柏木(ホンダ)

       ホンダ(柏木)   ハセベ

             今野(本田拓) 

ナガトモ   岩政        伊野波    ウチダ

              西川

マイナーチェンジ・ヴァージョン⑤

             前田    

カガワ                      岡崎

       ホンダ        ハセベ

             今野 

ナガトモ   永田        伊野波    ウチダ

              西川

対韓国戦は、ザック日本代表がアジアカップ制覇をする為の最終決戦、事実上の決勝戦と言っても過言ではありません
今更ですが、韓国代表にC組1位抜けで向こうのグループのヤマに行って欲しかった
ですが、運命に導かれるように、宿命のライバルはアジアカップ準決勝で激突します
まさに相手にとって不足なし、であります
勝った方がアジアカップを制覇するでしょう
個人的な希望としては、ザッケローニ秘伝3-4-3の伝家の宝刀は抜かれ輝きを放つか!?という点にも着目しています

ザック日本代表にエールを送るとすれば、敵は本能寺ではなく、韓国代表でもなく、己自身に在り!!と言うのみであります

燕雀 ( えんじゃく ) いずくんぞ 鴻鵠 ( こうこく ) の志を知らんや、対アジアの戦いで視えてくるもの、アジアを軽視する者に世界での栄光は掴めない、そして様変わるアジアの勢力図

燕雀 ( えんじゃく ) いずくんぞ 鴻鵠 ( こうこく ) の志を知らんや、対アジアの戦いで視えてくるもの、アジアを軽視する者に世界での栄光は掴めない、そして様変わるアジアの勢力図

アジアカップが佳境に向けて熱を帯びている
皆さんは、日本代表がアジアでの激闘を繰り広げる中で、何を日本代表に希求しているだろうか・・・
ただ単に、一つのサッカーゲームとして視ている人は僅かではないだろうか・・・
やはり、日本人であり、日本サッカーの総体である日本代表に、何かを感情移入して視ているハズである

サッカーは戦い・闘いである

今、日本人の我々は、アジアカップの戦いを通して、ザッケローニによって改めて、ソノコトを再認識・再確認・再教授させられているように思う

そう、サッカーとは戦い・闘いなのである

アジアカップの開催時期には今尚、賛否両論あるが、個人的には問題ないと思うし、やはりアジアカップによって、アジアの勢力図が浮き彫りになって来る大事な大会だと見ている

かつて、アジア勢がWCに出場した際には、脆くも世界列強に跳ね返されるのが常であった
だが、豪州がアジア枠に加入した事によって、近年、アジアの勢力図が様変わりつつあるのは疑いようのない現実であろう

アジアカップ、ベスト4、四強はウズベキスタン、豪州、日本そして韓国ではなくイランだと予想した
今現在のザック日本代表は、韓国よりもイランとの戦いが分がいいと見ている希望的観測判断である

話が変わるが、現在のザック日本代表、南アWC経験者たちが頼もしく観えるのは私だけだろうか・・・

今一つ、プレーに冴えがないホンダ・・・
進化・成長を止めない覚醒した感のある岡崎・・・
ザック日本代表のダイナモの闘将ハセベ・・・
いぶし銀の遠藤・・・
黒子役の今野・・・
日本のロベルトカルロスとなりつつあるナガトモ・・・
鬼の形相でゴールを守るカワシマ・・・

彼ら南アWC経験者に感じられるのは、経験に基づく自信である
自信、つまり自らを信ずる力
他信、つまり、他の仲間を信ずる力
それらが、彼らには備わっているように視える

翻って、ヨシダマヤの退場を挙げつらう輩たちがいるが、果たして、本当に、その見立てや批判・批評は的を射たものであるだろうか・・・
良く、サッカーでは経験が大事だと言われる
かつて、トルシエやジーコは日本サッカーには経験が足りないと指摘していた

敢えて、ヨシダマヤを擁護するならば、ヨシダマヤにはA代表におけるアジアでの戦いの経験が不足していたと言える
純粋にセバスチャンのレベルがヨシダマヤを圧倒していた
想像してほしい
キレキレのマルキーニョスやケネディを日本人CBの誰が抑え込めるだろうか・・・
抑え込めるとしたら中澤トゥーリオのコンビを軸とした組織的守備ぐらいではないだろうか
ヨシダマヤ一個人を批判するならば、それはJリーグという現状の日本サッカーの限界値を示していると言える
日本サッカーの誰もアジアのギリギリでヒリヒリしキリキリ舞いさせられるような戦いを一足飛び、二足飛びで飛び越えて、イキナリ世界舞台で活躍するような夢物語の実現は在り得ないし、成し得ないのである
やはり、A代表の下のカテゴリーにおいて、アジアでの戦いの本当の厳しさを知っている者たちこそが、悔しさをバネに、逆境を糧に成長し、世界舞台へ挑戦のトビラを開けるのだと思う

ドイツはブンデスリーガで旋風を巻き起こすカガワは天才だろうか
答えはNOである
カガワは努力の天才である

かつて日本サッカーには、夥しいほどの天才たちが誕生しは消えていった
かつての日本サッカーの天才は世界の標準レベル、これは真実だったと思う

かつて、育成年代におけるハパス偏重主義・パス至上主義が生み出した黄金世代は、ある意味では日本サッカーの限界を示したのは確かである
だが、近年、プラチナ世代・新黄金世代と言われる面たちの特徴はハパスよりもドリブルに能力を有するタレントたちが雨後のタケノコの如く現れていることも確かである

話を戻そう
日本サッカー、日本代表が対アジアの戦いで視えてくるもの、それはコノ国のアジアにおける立ち位置・現在地であり、それは対世界との距離感を測るモノサシであると視ている
世界のサッカーにおけるアジアのサッカーは、日本に限らず、韓国にせよ何処にせよ、常に対アジア・対世界という二つの命題に囚われ続けるだろう
そう、アジアのレベルが南米や欧州のトップレベルにならない限り・・・
そう、アジアを軽視する者に世界での栄光は掴めないのである

また、ホームのカタールに大逆転劇を演じた日本代表に称賛がある一方でカタールの帰化選手の数に批判があるが、それは的外れであり、無意味、論外だと思う
何よりも、帰化選手の恩恵を甘受して来たのは疑いもなく、我らが日本代表であろう
その意味では、純血ザック日本代表は良く戦っていると視ている

しばらくは、アジアカップで盛り上がりをみせるスポナビブログだと思うが、サッカーブロガー、スポナビブロガーを自負・自認する皆さんに、この言葉を贈りたい

燕雀 ( えんじゃく ) いずくんぞ 鴻鵠 ( こうこく ) の志を知らんや(史記・陳勝世家)


ブログをする意図は十人十色、百人百様、選手万別だと思う
ましてや、スポナビブログでブログを開設し継続するには、それなりの目的や理由があると思う
中には、無目的、毒吐き程度のブログ・ブロガーもいるとはおもうが・・・

唯、個人的には、期間の長短を問わず、何かの意図・目的を持ってブログを開設し継続し続けて欲しいと願う
四年後の2014年ブラジルWCまで継続しているスポナビブログがスポナビブロガーがいるか、見ものではある

アジアカップの戦いは、すでに2014年ブラジルWCに挑む、ザック日本代表の未来への布石である

プロフィール

soundwalker1971

Author:soundwalker1971






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ひきこもりを侮るな!

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

龍の国

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

風しょうしょう

防災意識リマインダー。

freecartoonist

闇の魔術に対する...
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。