2018ロシアW杯西野日本代表がグループリーグを突破するための本当の勝負は次のセネガル戦

個人的には、次の対セネガル戦は以下のの布陣を希望する

4-3-3
            オオサコ、オカザキ 

ハラグチ、ウサミ                 ムトウ、ホンダ

      イヌイ、大島       カガワ、シバサキ

           ヤマグチ、ハセベ、遠藤

ナガトモ    昌子、槇野   ヨシダ、植田   サカイ

                中村
スポンサーサイト

2018ロシアW杯西野日本代表がグループリーグを突破するための本当の勝負は次のセネガル戦

西野日本代表が南米の強豪コロンビアに勝利し勝ち点3を得た

勿論、開始早々のコロンビアの選手退場により有利となった日本代表だが

それでも、最後の最後に勝ち切った、この経験は大きい

個人的には、ホンダがレギュラー先発では西野日本代表に勝機は少ないと視ていたが

まずは、レギュラーにイヌイとカガワのコンビを起用し、CBに昌子を起用した西野日本代表監督の

勇気と英知を称えたい

逆に、ホンダはジョーカーとして起用されたから結果にコミットできたと言える

個人的には、イヌイとカガワのコンビネーションに期待していたが、やはりW杯は経験が大きい

やはり、イヌイはW杯という舞台に緊張していた

であれば、次のセネガル戦の先発布陣が重要になる

つまり、コロンビア戦の先発布陣で臨むのか

それとも、多少の入れ替えをするのか

個人的に気になったのは、繰り返すが、やはりイヌイとカガワのコンビネーションである

西野日本代表監督が、そのままイヌイとカガワのコンビを起用するのか

それとも、ハラグチを左サイドにして右サイドにムトウもしくはホンダを起用し、トップ下にカガワを

起用するのか

そして、GKをカワシマから中村か東口に変えるのか

そして、ダブルボランチの組合せをどうするのか

個人的には、以下の先発布陣を希望する


4-1-4-1
       オオサコ、オカザキ

ハラグチ  イヌイ      カガワ     ムトウ

        ハセベ、山口

ナガトモ 昌子       ヨシダ   サカイ

           中村

時計の針を巻き戻すな、2018ロシアW杯西野日本代表に、求められているモノ・・・

西野監督はホンダと心中する覚悟だろう
個人的には、4-2-3-1でのダブルボランチにハセベと大島の組合せはない
今のメンバーからなら、山口と遠藤か、昌子を組ませるべき
もしくは南アの時のように、アンカーを置くべき

4-3-3
      オオサコ、オカザキ、ホンダ

イヌイ、ムトウ         ハラグチ、ウサミ

   カガワ、イヌイ  シバサキ、大島、イヌイ
  
         山口、遠藤

ナガトモ   槙野    ヨシダ  酒井

          中村

もしくは、ダブルボランチに昌子と植田を据えるべき

4-4-2
オオサコ、オカザキ、ムトウ  ホンダ、ハラグチ、ウサミ

 カガワ、イヌイ         シバサキ、大島、イヌイ
  
      昌子、山口    植田、遠藤

ナガトモ    槙野    ヨシダ     酒井

            中村        

3-4-2-1
    オオサコ、オカザキ、ホンダ

   イヌイ、ムトウ  カガワ、ウサミ

ハラグチ、大島    ナガトモ、シバサキ
  
    昌子、山口  植田、遠藤

   槙野    ヨシダ    酒井

          中村         

2018ロシアW杯、幻のハリルホジッチ日本代表

4-3-3
            オオサコ、ムトウ、オカザキ

イヌイ、伊東、ムトウ                  ハラグチ、クボ、伊東

     カガワ、ナカジマ       シバサキ、イヌイ

             イデグチ、山口、山中

ナガトモ、山中  槙野、スズキ  ヨシダ、昌子  サカイ、遠藤ケイタ

               カワシマ

2018ロシアW杯、ハリルホジッチ解任によって形成される西野日本代表3-4-2-1は、もしかしたら2002年日韓W杯と2010年南アW杯の再現、もしくは集大成もしくは感性形となるかもしれない、現在の日本サッカーの・・・

2018ロシアW杯、ハリルホジッチ解任によって形成される西野日本代表3-4-2-1は、もしかしたら2002年日韓W杯と2010年南アW杯の再現、もしくは集大成もしくは感性形となるかもしれない、現在の日本サッカーの・・・

話は飛ぶが、日本は、日本人は、これまで加工立国として、その成長を遂げてきた

つまりは、そこにあるものにアレンジする能力であり技術である

個人的には、2018ロシアW杯、ハリルホジッチ解任によって形成される西野日本代表3-4-2-1は、もしかしたら2002年日韓W杯と2010年南アW杯の再現、もしくは集大成もしくは感性形となるかもしれない、と視ている

個人的には、日韓の時のフラット3より、南アのアンカーを据えたスタイルより、今、日本サッカーが世界と対峙する上での最適なスタイルは、もしかしたら3-4-2-1かもしれないと視ている

もし、それがハマったら、西野日本代表はグループリーグを突破し、運が良く勢いに乗ればベスト8にまでは辿り着けるかもしれないと楽観視している

一体感を持って臨んだ、日韓W杯、一体感のなかったように見えたドイツW杯、一体感のあった南アW杯、一体感はあったように見えたが撃沈したブラジルW杯・・・

個人的には、日本代表W杯の法則により、今回のロシアW杯は、日韓、その次の南アW杯、その次の今回のロシアW杯と見事にグループリーグを突破すると視ている
プロフィール

soundwalker1971

Author:soundwalker1971






最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ひきこもりを侮るな!

だいだいこんの日常~抗がん剤は毒ガスなので保険適用をやめましょう~

龍の国

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

風しょうしょう

防災意識リマインダー。

freecartoonist

闇の魔術に対する...
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR